ハードディスクはパソコンの内部に組み込まれているので、交換も出来ず、容量いっぱいまで使い切ったら、要らないファイルを消しながら使うしかないと思っていませんか?
ハードディスクは結構簡単に増設できるので、プログラムだけ内蔵のCドライブにインストールして、データ類は全て外部に増設するハードディスクに保存すると色々と便利です。
まず、データのバックアップをしたい時に、プログラムを含めずデータが入ったハードディスクだけをまるごとコピーするだけでよくなります。
コピーするデータ量も減ります。
つぎに、Cドライブも使っていると遅くなるので時々バックアップしたり、再インストールする際にも、クリーンインストールできるので楽になります。
そして、重要データをCドライブに保存しない事で、ノートパソコンを外部に持ち出す際に、たとえ紛失してしまっても、ノートパソコンだけの紛失なら重要なデータは漏洩しません。
ハードディスクの増設方法ですが、USBのマウントを使います。
SATAやIDEのハードディスクを載せるだけでUSBドライブとして認識します。
データ保存用のハードディスクの代わりに、オンラインストレージを使うと、増設ハードディスクをいっしょに持ち歩く必要もなくなります。