パソコン修理を依頼すると、業者は引き取ったパソコンの症状を見て、修理を行います。不具合の内容がソフト的だと判断すれば、各種設定の見直しで終わりますが、ハードの故障となった場合は、どこが壊れているか追いかけた上で、パソコン修理をする必要があります。

さて、パソコンの構成部品として、大きなものは、ハードディスク、ディスプレイ、光学ドライブ、電源ユニットといったところです。実際はそれぞれのユニットの中に細かな部品は存在しますが、小さい部品を追いかけていては、キリがないので、最近はユニットごと交換ということがほとんどです。よって、修理費用も高くなりがちですが、修理期間そのものは短くてすみます。

ユーザーとして、パソコン修理を出した時に、修理結果として一番辛いのが、ハードディスクの交換です。ハードディスク交換になるとデータは全て消失してしまいます。修理業者によっては、データ復旧を有料で行ってくれるところもありますが、基本は、OS以外のデータは真っ白になると考えるべきです。また、修理依頼時はハードディスクは正常でも、修理工場に運ぶ過程の振動で、ハードディスクが壊れないとも限りません。バックアップ可能な状態であるならば、修理に出す前に必要なデータをバックアップしておきましょう。