現在日本で販売されているスマートフォンのほとんどがAndroid OSを搭載しています。
そもそもAndroidとは元々は携帯電話向けのソフトウェアを開発している会社のことでした。これをGoogle社が買収し、無償で利用できる携帯電話用のプラットフォームとして、2007年の11月に発表したものがAndroidです。携帯電話用のプラットフォームにはほかにWindows MobileやSymbianなどがありますが、Androidは無償で利用できる点が歓迎され、大きなシェアを誇っています。
Androidのメリットは、これを搭載するスマートフォンを作る上でのOSライセンス費用が発生しないというところが挙げられます。これにより端末メーカーは製作費を抑えることが出来るのです。また開発環境も無償で公開されているため、一般の開発者やマニアたちが無料でアプリケーションを製作することができるのも、大きな魅力と言えます。
端末を安く作ることができ、アプリケーションも作りやすい環境であるわけですから、より多くの企業や開発者が参入するわけです。
現在世界のメーカーの多くがAndroidに参入し、登場してから期間が短いにも関わらず、iPhoneを抜いて世界のトップシェアに躍り出ました。日本国内においてもこれは例外ではなく、フィーチャーフォンからスマートフォンへの乗り換えが促進される中で、Androidの比率は急速に高まりつつあります。